【CEO結城登壇】2/22 介護・高齢者福祉展 / Care Show Japan 2024 特別企画「次世代介護テクノロジー」

株式会社最中屋(本社:京都市中京区、代表取締役CEO 結城 崇)は、介護・高齢者福祉展/Care Show Japan 2024内の特別企画「次世代介護テクノロジー」において、株式会社自立介護支援DX 代表取締役CEO 結城崇が登壇する事をお知らせいたします。

■一歩先成功事例のに学ぶ!~自立支援×テクノロジー活用の最前線~

この講演では、「最新の介護テクノロジー動向」と「事業所が行うべき判断」に焦点を当て、結城が長年の経験から得た知見を共有します。当社は、介護施設における「介護テクノロジーの活用」と「自立支援介護の導入」を推進しており、このセミナーでの講演は介護施設における介護ロボット活用の重要性を考慮したものです。結城は本公演に於いて、これまで培った介護ドメインの知識や運営ノウハウにに加え、基づき、介護施設におけるロボット導入についての深い洞察を提供します。
この講演は、「介護ロボットの導入による介護施設運営の安定化」や「自立支援介護メソッドの導入」を検討する施設にとって貴重な機会となるでしょう。

無料での聴講が可能です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■講演プログラム

日時:2024年2月22日(木) 14:00〜14:40

講演内容:特別企画「次世代介護テクノロジー」 自立支援介護DX実現に向けた介護テクノロジー導入課題と事業所が行うべき判断とは?

株式会社自立支援介護DX 代表取締役 CEO 結城 崇

令和6年度介護報酬改定に向けた基本的な視点
(1)高齢者の自立支援・重度化防止という制度の趣旨に沿った、多職種連携やデータの活用
(2)介護人材不足の中で、更なる介護サービスの質の向上を図るため、生産性向上による職場環境の改善
の2つの視点から、介護テクノロジー導入課題と事業所が行うべき判断について紐解きます。

お申込み:
入場料が無料になる来場事前登録はこちらから
セミナー申込はこちらから

■開催概要

名称:介護・高齢者福祉展 / Care Show Japan 2024内

会期:2024年2月20日(火)・21日(水)・22日(木) 10:00-17:00

会場:東京ビッグサイト 東4ホール

主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社

後援:
公益社団法人全日本病院協会、公益社団法人全国有料老人ホーム協会、公益社団法人日本薬剤師会、公益社団法人日本栄養士会、公益社団法人東京都栄養士会、公益社団法人東京都介護福祉士会、一般社団法人日本医療法人協会、一般社団法人日本慢性期医療協会、一般社団法人日本在宅医療連合学会、一般社団法人日本リハビリテーション病院・施設協会、一般社団法人全国デイ・ケア協会、一般社団法人日本在宅介護協会、一般社団法人日本介護支援専門員協会、一般社団法人全国訪問看護事業協会、一般社団法人日本在宅栄養管理学会、一般社団法人日本保険薬局協会、一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会、特定非営利活動法人東京都介護支援専門員研究協議会、日本アクティビティ協会(順不同)

全講演プログラム(PDF)はこちら

最中屋は「まん中でケアする人をおもてなし。」をビジョンのもと、省庁、教育機関、関連企業、そして先進的介護実践事業者との協業により、日本が向かうべき理想の介護の方向性を探りつつ、今後も介護の現場にイノベーションをおこし、新しいケアの未来を創造していきます。

Care Show Japan